遺産を相続する際に、相続放棄が必要になることがあります。多くの法律知識は必要としないので、迅速に行いましょう。

知っておきたい相続放棄と法的知識

知っておきたい相続放棄と法的知識

相続放棄を行う際は、多くの法律知識を必要としません

知っておきたい相続放棄と法的知識
父親が亡くなった際に、私は負債を相続することになりました。しかし、とても返済できる額ではなかったので相続を放棄することにしました。以下では、相続放棄の要点をご紹介します。もし同じような境遇の方がいらっしゃいましたら、ご参考にしてください。読み進めていくと、法律の知識がほとんど不要で、事務的な要素が多いことがお分かりになると思います。

手続きを一言でまとめると、必要書類をそろえて、家庭裁判所に、相続開始を知った日から3ヶ月以内に放棄を申述する、ということです。の必要書類とは、相続放棄申述書、ご自身の戸籍謄本、被相続人(=亡くなった方)の住民票の除票等です。そろえるべき書類や申述書の記載方法については、家庭裁判所で納得いくまで教えて頂きました。個々の事情で他にも書類が必要になる可能性もあるので、しっかりとご確認ください。また、の3ヶ月以内というのが、非常に重要ですので、この期間だけは守ってください。ここで初めて法律の話ですが、民法では3ヶ月以内に放棄をしないと、相続を単純承認したとみなされるからです。

しかし、私たち素人には分からない盲点が法律の世界には多く存在します。放棄を決断した段階で、法律の専門家に必ず相談し、3ヶ月以内という期限を必ず守って申述してください。

注目の情報