相続手続きは非常に難しいですから、法律専門家に依頼するとよりスムーズに事を進めることが出来ます。

知っておきたい相続放棄と法的知識

相続手続きと法律専門家

知っておきたい相続放棄と法的知識
相続といえば、人が死んだら必ずといっていいほど発生する問題です。そして、よく兄弟その他親族が骨肉の争いに発展することでもおなじみでしょう。相続は民法などの難しい法律が絡んできます。民法でも戦前の規定が適用される場合もあったりと、本当にややこしいです。「非嫡出子」とか出てきたら、素人ではもうお手上げです。そこで、法律専門家に手続きの代行を依頼すると、当事者間だけでやるよりもスムーズに事を進めることが出来ます。

相続関係の業務を手がける専門家は、弁護士、司法書士、税理士、行政書士の各資格者です。そのうち弁護士が最も可能な業務の範囲が多いです。特に、遺族間で骨肉の争いになっているような時は、裁判に発展することも考えて弁護士に頼むのが一番です。しかし、弁護士は何でも出来る代わりに多額の報酬を取られます。もし遺族間の争いがなくて、専門家費用を抑えたいのならば、他の専門家に頼むとよいでしょう。特に司法書士は、相続関係手続きのメインになる登記の手続き代行を行うことが出来ますので、司法書士に依頼すれば、相続税が発生しない限り、ほとんど全ての仕事をやってくれます。しかし、税理士や行政書士に頼んだとしても、自分では業際上出来ない登記などの仕事は、専門家側から他の資格者に外注してくれる場合が多いです。

注目の情報