相続は法律のプロにお任せするほうがいいですね。遺言書もそのとおりに作成しないと意味がなくなりますからね。

知っておきたい相続放棄と法的知識

相続問題は法律家にきく

知っておきたい相続放棄と法的知識
相続ということは、誰にでもおこりうることです。生前にきちんとした法律にのっとって書類を作成していたり、だれにいくら渡すとかという遺言書とかを作成していたらいいですが、大部分のところはそういうのはないだろうなって思います。一般家庭では、葬儀のすんだあとにこれがでてくるだろうと思います。兄弟間とか、親戚の間でそんなにトラブルにならなく、すんなり法廷どおりとか、あとはここは譲るとかそういうのがあると、問題はないですね。でもここでの取り分でもめると、当時者だけでは解決することは出来ない状態になっていきます。

そうなってくると、法律のプロの人に入ってもらった、調整していくしかないだろうなって思います。血縁関係では、どうしても、譲れないこととかでてくるので、法律家にお願いするのがいいですね。多少の費用はかかると思うのですが、そこは仕方ないことです。この後も良好な親戚関係を築いていくっていうのなら、ここは専門家の言うとおりにしたほうがいいですね。そのほうが、あとあとすっきりします。ちょっとの財産でもきっちりと、配分っていうのを決めておくほうが、もめることはないんだと思います。法的だけでは割り切れない思いはありますけどね。

注目の情報